モナコグランプリについて

モナコグランプリの始まり

多くのヨーロッパの自動車レースと同じく、モナコグランプリは組織化された世界選手権の先駆けとして誕生しました。

Alexandre Noghesが創始者である「モナコ自動車クラブ」(A.C.M.)を通してLouis II世王子の庇護の下、最初のグランプリレースは1929年にAntony Noghes(Alexandreの息子)の計画よって開催されました。

このGrand Prixは、モナコ公国の非常に限られた領土だけで行われる自動車レースを国際的に認められるものにできるかどうかというモナコ自動車クラブの挑戦でもありました。

数々の伝説とドラマを生み出したモナコグランプリは、今やル・マン24時間レース、インディ500とともに「世界3大レース」の1つです。

F1グランプリとしてはイギリスグランプリ、イタリアグランプリ等と並んで最も歴史の長い伝統あるグランプリとなります。

現在、グランプリ唯一の100%市街地コースでもあります。